Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
New Entries
Recent Comment
  • 山芋ときゅうりのわさび醤油&梅醤油漬けで暑さバテ予防
    池田剛士 (11/24)
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
春の不調ケアのこと4(呼吸)
0
    JUGEMテーマ:深呼吸
    こんにちは。
    心と体の土台作り屋さん 生活Plusの三浦美浜です

    前前前回、春は自律神経が乱れやすいので不調が起きやすいですよぉ
    でも、セルフケアの方法があるから大丈夫ですっ。と終わりました。

    前前回は、自律神経の乱れと関係の深い栄養素のセルフケアをご紹介をました。
    お助けミネラルとビタミンが書いてあるので、見てもらえると嬉しいです♪

    前回は自律神経と呼吸の関係で
    体の中の臓器は全て自分が意識しなくっても自律神経の交感神経と副交感神経が、
    お互いに、バランスをとって、
    自分の心と体にとって、ベストな状態になるように働いてくれています。
    自動運転している体の中で、意識的にマニュアル運転できるのが「呼吸」ですよっ!
    そして、
    吐く = 副交感神経 = リラックス・緩む神経
    吸う = 交感神経  = 戦闘・興奮・緊張神経 です。
    とても簡易的な説明で呼吸を意識的に行う事で、心と体のケアができるという理由が
    頭で分かってもらえたかどうかは、さておき(置いちゃうの?(笑))

    やってみましょう。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーー
    基礎3点を頭においてください。
    1.鼻呼吸
    2.まずは、吐き切ってみる
    3.ゆっくり深い呼吸をしてみる
    ーーーーーーーーーーーーーーーーー

    そして、
    普通に椅子に座った状態で、まずは普通に鼻呼吸をしてみた
    感覚を覚えてください。

    では次は、
    両手を組んで、頭の後ろに置いて呼吸してみてください。

    なんとなく、呼吸がしやすい感じしませんか?(呼吸しやすい!って言ってほしいっ)

    背筋丸めて、肩甲骨を外に広げて、肩を前に出した姿勢は・・・
    胸が広がろうと思っても、広がれない!

    両手を組んで頭の後ろに置いた時 息が吸いやすいのは、
    背筋が伸びて、肩甲骨が中に移動し、肩が後ろにいき胸が開いたから!

    姿勢の悪いまま、深呼吸をしていてもなかなか浅い呼吸しかできないんです。
    はい、お付き合いありがとうございました。

    では、姿勢を整えて座った状態で
    ゆぅ〜っくり、鼻から息を吐き切って下さい。
    8秒数えながら、吐き切ると結構ゆっくりできます。
    そして、また8秒数えながら鼻から息を吸って下さい。

    8秒数えているお腹がペチャンコになって吐き切っちゃってたり
    吸う時に途中で胸がいっぱいで入らない!は早すぎます(笑)
    もっとチビチビちょっとずつゆっくりと吐いて、吸ってを繰り返します。

    可能であれば20分。外から入ってくる情報を遮断するために、目を閉じて。
    20分なんて無理でしたら(私も最初は無理でした。今でも無理な時はあります)
    まずは、5分から初めてみてください。
    何だか、色々な事が気になりだしたら、とにかく8秒数えながらを頭において
    行ってください。
    だんだん、体、頭の緊張がほぐれてきます。
    体がポカポカしてきませんか?

    体が変化してくると、心も変化していきます。
    イライラや、モヤモヤが徐々に薄くなってきませんか?
    ソワソワした気持ち、焦りはどうですか?

    ご自身のために、自分のことだけを想う時間を10分だけでも。
    呼吸をする時間を使ってみてください。

    お一人で難しい時は、瀬戸市スーリヤさんで月に1度「心と体のメンテナンスクラス
    というヨガ・呼吸法・瞑想を行っているクラスがあります。
    体をほぐした後はとても呼吸がしやすいですし、体と心の滞りが
    スッとした感じになります。
    また、呼吸を深めた後の瞑想は、1ヶ月の疲れがスッキリ気持ちよくなります。
    私のお師匠のクラスです♪おススメ!

    心と体の土台作りカウンセリング 〜生活Plus〜
     
    posted by: 生活Plus | - | 21:12 | comments(0) | - |